スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萃香対策(仮)

※まだ未完成です
また私の主観が多く含まれているため他の人に相談しつつ何回か作り直していくと思います。

【立ち回り】
-近距離-
・地対地
地上にいる萃香に対してこちらの攻撃は非常に当てにくい。
そのため基本的にはこの状況ではJ>J2Bから触りに行くのが比較的やりやすい。
相手に触った場合基本的に2Bはふらない。相手の2A暴れなどをつぶす場合はAA>BなどでもなくAA>6AやAA>J2Bなどを使う。
基本的にこの距離は固め対策がメインになると思うのでそちらを参照。


・地対空
基本的には2Bが機能する。
相手はJ2AやJ6Aの特性を生かして①裏周り>44(表周り)>J2A ②2Bグレイズ6HS>1HS>J6A ③3HS>裏周り>J6Aなどを狙ってくることが多い。
①はバクステで基本回避可能。ただしJ6Bなどで当然狩られる。こちらの狩る択として2Bの後にタイミングよくBバウンスを撒くと効果的。また相手が上でうろうろしてたらBクロースを打ってみてもいい。
②BバウンスでJ6Aを邪魔したり、やBクロースで相手の飛翔を狩る。2B>HJ>打撃だとHJにCHする可能性が高い。
③Cバウンスで後ろに対して牽制したり相手が上飛翔中にBクロースをふっていく。前HJでも抜けられることが結構多い。ただバウンス牽制が無難か。


・空対地
相手は基本的に対空2Cや、こちらの着地際に対して2Aを置いてくる場合が多い。
そのため此方はJ2BやJ2Cを中心に当てにいく。対空2Cに対して下りCクロースも効果的。
また慣れると相手の着地狙い2Aに対してJ2Aを当てに行くのも効果的。
(2A置きは背の低さを生かしてこちらのJAをすかしてそこに差し込むという形になるため、慣性が着くJ2Aのほうが当てやすくローリスクになる。)
咲夜のJ6Aが縦判定に強化されたため萃香側のリスクが高くなったためあまり振ることができなくなった。
基本的には相手の行動に射撃をさしに行くようにする。
こちらが射撃をガードさせたり、撒いたときに相手の2Cがおいてあった場合は無理をしないで出来る限り距離をとる。
それか相手の2Cはver1.10で硬直が増え判定が高くなったため、2Cにあわせて空中Cクロースもお勧め。
相手のHJなどを一点読みしてJ2AやJ6Aを当てにいくのもありではあるが・・・リスクが高いためご利用は計画的に。
ちなみにこちらが中空~高空にいた場合は相手のHJ>J8Aに気をつけよう。すっごい飛ぶよ!

・空対空
同じ高度の場合基本的に不利状況では素直にガードしよう。
相手が真上にいる場合はJ8A、下にいる場合はJ2B,J2Cなどで牽制。
固め、被固めに関しては固め考察を参照。

-中距離‐
・地対地
こちらの射撃の発生が遅かったり硬直が長かったりするため相手の6Bなどに刺さりやすい為あまり好ましくない。
それ以外の場面では場面を作りやすいため空対地の形に変えるといいかもしれない。

・地対空
2B、バウンスなどを撒いていく。
すいかはこちらの射撃を貫通していくものが少ないためかなり射撃は撒きやすい。
ただ相手がJ6B,J2Bを先出しした場合や、元鬼玉などは貫通してくるので注意。
対空射撃>HJ>打撃でさわりに行く際の注意点として相手のバックダッシュJ6AとJ2Aに注意すること。
これがあるため、射撃と一緒に突っ込むというよりは射撃を盾にする感じに近づくと効果的。
射撃の撒き方もB系を弾幕が切れないようではなく、少し感覚を空ける感じに撒くと良い。
弾幕を切れないように撒く場合は1回グレイズしきれば・・・といった感じになるが感覚をあけると相手にグレイズを長く強要しやすくなり、飛翔回数も使わせやすくなる。
またすいかの場合は射撃がすでに撒かれているとこちらに対してやることがかなり少ないためより効果的。

・空対地
上記で記した少し感覚を空ける感じでB射系をを撒いていくといいだろう。
またJCも相手は総裁手段に乏しいため使っていこう。
J6Cも相手の6Bを止めて貫通したり、元鬼を相殺できたり非常に機能しやすい。
こちらの対地射撃に対して火鬼を使われるとJBやJ2Bは通らないので素直にグレイズしよう。
火鬼の対策としてJCを先においておくと相手はそれを気にしなくてはいけなくなるため多少ましになるかもしれない。


・空対空
相手が同じ高度~高い高度にいた場合は上記に書いてある感じでBを撒いていく。
狙えそうであれば空ダ>J6AorJ8Aを狙っていく。
相手の高度が下だった場合はJCがかなり機能しやすい為JCをふっていこう。
J6Cに関しても空対地と同様機能しやすい。
注意点として射撃の保障なしに空ダJ6Aは相手に隙があるときにすること。
無理してつっこむと相手の置きJ6Aに返される。
ただJ6Aははずした場合硬直が長いためJ6Aを誘いそこに射撃をさしていくのも効果的。


-遠距離-
JB系、バウンス、J6Cなどを撒いて牽制していく。
基本的には射撃合戦で負けることはないため霊力に注意しつつ弾幕を形成したり、相手に射撃を差し込んでいくといい。
この距離は萃香からすると6BやJ6Bを撒いたり、元鬼玉やC火鬼、燐火術をやるくらいしかないためあまり怖くも無いと思われる。
萃香からすると近づいて来たいため、相手を牽制しつつこちらも相手に攻撃をしやすい中距離を保つように牽制していくといい。

【固め考察】
-端-
慣性A>JBorJ2Bなどを使うと非常に固めやすい。AorAA>前D>慣性近Aや4A*n>前D>慣性近Aを当てにいく。(端なら無理に慣性近Aにしなくてもいい)
JBをヒットさせたあとはJA>着地>JBやJA>J6C>66>JA~ JA>着地>A~ などを使いこれらを混ぜてループさせる。
慣性近Aの前後に暴れてくる人もいると思うのでそこに6Aを差し込んだりする。
また、萃香は姿勢が低く、咲夜の固めもしゃがみに対して弱いため相手がしゃがむことが非常に多い。
ただし、萃香はこちらのAorAA>6Aをバックダッシュで回避できることができ、バックダッシュ>三歩で割り込まれることもあるので注意すること。
さらにこちらの6A>Cなどに対して、6A前結界>男投げなども入ったりするので相手のスペルには要注意。
しゃがみ相手の増長の択として遠A>遠Aをやってみたり、2A>遠A、増長遠Aや2Aの後に相手の暴れ狩りとしての6Aなどを混ぜていくと効果的。
遠A>遠Aは相手のチキガ狩りから2kコンボを出せるためお勧め。
3Aに関しては離剣がない限りはお勧めしない。


-端以外-
慣性A>JBを基本で運んでいく。AorAA>前D>慣性近Aや4A*n>前D>慣性近Aを当てにいく。
J2Bのほうがヒットさせやすいが連ガが途中で切れ、また運ぶという面でもJBのほうが優秀のためJB推奨。
JBをヒットさせたあとは端と同様にJA>着地>JBやJA>J6C>66>JA~ JA>着地>A~ などを使いこれらを混ぜてループさせる。
慣性近Aの前後に暴れてくる人もいると思うのでそこに6Aを差し込んだりする。
Bや2Bは相手の2Aや2Bに負けるためお勧めしない。使うのであればB推奨。使うのであれば2Aや遠Aなど打撃を誤ガさせた場合がいいかもしれない。
またJ2Bの代わりにJCや、A*nの後にCで輸送してもいい(結界安定ではあるが)

【被固め】
-固めぬけ-
・地上
基本的にC系を中心でガードしない限りは萃香は割ることが非常に難しい。
そのためCを見てから前D>ガードやHJできるようになると非常に楽になる。
3A正ガ後は3A上回避結界安定。3A>2Bでも3A>妖密でも抜けることができる。
2B正ガ後も2B上回避結界安定。2B>妖密でも狩られることはない。
ただしどちらも位置が近い場合レベル2以上の地霊密には狩られる、また3A>2Bは2Bにディレイをいれて3Aがめり込んだ場合は狩られる。
近A1段目をガードしたら基本屈ガード。A>2BやA>3Aとかが多く、AAの場合は萃香の近A2段目が上段だから削られることがない。
A>6Aの場合は画面端密着から出ないとA>6A(誤ガード)>2Bや妖密が繋がらない。
チキガ抜けに関しては、チキガ>J2Bが機能しやすい。(4Aには注意だが)
また、妖密は最初の打撃を前結界から反確やターンが取れるため活用するといい。(鎖か男投げには注意すること)
萃香の固めを強化するパーツとして火鬼がある。
基本的な固め方は火鬼>J6Aで結界狩りがスタンダードなため、このJ6Aを結界すれば抜けることが可能。
ただこの火鬼を使った固め継続として火鬼>HJ>下飛翔>固め続行や、火鬼>JC>割り狙いの固め続行などの択がある。
火鬼の結界狩択は、その後の結界狩り択として、J6Aは前結界か遅めの上結界、JAは上結界を狩る択になっている。
一番無難なのはJ6Aに結界ではあるが・・・そこらへんは読み合いとなる。
ちなみに火鬼>バックダッシュ>火鬼の固めは一段目小玉>二段目小玉まで連ガになり、超高密度燐禍術が絡むと大量の霊力が持っていかれたりする。

・空中固め
基本的にはJ6Aなどで結界安定。ただし地霊密には狩られる。
J6Aガード>JCのJCを見てからダッシュして相手の44>J6Aなどにあたらないように。


【その他メモとか】
萃香の受身狩りとしては画面端でJA>J6A>J6B>JC>44>J6A とかがあり、J6AにあたるとJCがあたり大ダメージを受ける。


【基本攻撃】
・4A,近A


・A2


・A3


・A4


・遠A


・2A



・3A


・6A


・DA


・DB


・DC


・JA


・J2A


・J6A

・B


・2B


・JB


・C

・6C


・2C


・JC


・J6C


・J2C


・J1C


【スキル考察】

【スペル考察】

【使用デッキ考察】
・咲夜特性ストップウォッチ
萃香側の移動起き上がりの関係で非常に使いやすい。
ダウンしてからも基本的に同じタイミングでその場起き上がりにも移動起き上がりにも対応できるため他キャラより非常に使いやすく、またダメージもとりにいきやすい。

・咲夜の世界
咲夜特性ストップウォッチと同じ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スイカ対策待ってました!
ありがたく参考にさせてもらいまっす

No title

>Amyzzzさん
身内からも希望があったため作ってみました。
どこまで参考になるか分かりませんが参考になれば幸いです。
頑張ってください~
カテゴリ
プロフィール

フレンゼ

Author:フレンゼ
今は作ってみた料理のレシピ公開がメイン。天則攻略のwikiへの転載はご自由に。一言言ってくれると嬉しいかも。古い記事多いのでいつか直していきたい。

最新記事
Twitter
月別アーカイブ
来場者数
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。